タイミングを掴む

郊外で暮らす

マンションを売却する時期

マンションを売却する場合どのタイミングで売却をしたらいいでしょうか。マンションの売却にはタイミングがあります。タイミングを間違えると売値が非常に下がってしまいます。 現在のところ土地の価格は一部の地域を除いて下がっているか横ばいです。 また、人口も減少してきています。例えば、現在の日本の人口は1億2,000万にいますが30年後には 1億人を切ると言われています。また生産年齢として考えられているいわゆる住宅を購入する層に関しては現在8000万人人口がいますが、これから30年後には5,000万人に減少すると言われています。 その一方で、マンションは触れ続けています。なぜなら新築マンションの方が古くなったマンションよりは売れるからです。

強引なセールストークの問題点

このように考えると、マンションの空室は増えていくにもかかわらず、マンションは増え続けていると言うよくわからない状態になってます。 これ以上空室が増え続けるとマンションの売却値は下がり続けていくことでしょう。 こういった背景から、強引な勧誘が増えていることも問題になっています。セールスマンに言いくるめられた人が深いことを考えずにマンションを購入してしまうという問題です。 マンション購入に関してセールスマンのセールストークは長期的な資産形成になるということや購入することに節税対策になるというものです。 このように売却するときにはメリットばかりを止めてデメリットを述べないことに問題があります。このような悪循環を食い止めるためにも、よく考えて売却をするとともに購入する場面もよく考えてから購入するようにするべきです。