オトクに購入するなら中古バスがオススメ!

トラック

専門業者なら高額買取

工事作業用などの、古くなったトラックの処分を考えているなら、まず専門買取業者に査定してもらいましょう。各社複数の流通ルートを確保しており、高額査定が望めるため、どんなに古いトラックでも相談してみることをおすすめします。

車内

購入前のチェックポイント

中古バスを購入する時には、整備費が購入価格より高額になっては元も子もないので、自分の目でチェックするようにしてください。エンジンや外装、それに電気系統は修理するのに費用がかかりやすいので特にチェックするようにします。

トラック

業者によって変わる値段

中古トラックの需要は国内外を問わず広い範囲にあるので、売却を検討する際には複数の買取り業者を比べると良いでしょう。インターネットなどで調べてただ高査定を出してくれるだけではなく、しっかりとコミュニケーションが取れる信頼性の高い業者を見つけることが大事です。

バス

丈夫なバスは中古で

バスはとても丈夫に作られている上に、新品で購入すると高額になってしまうので、中古バスを手に入れると良いでしょう。新品で特殊装備を装着すると高価になりますが、特殊な機能のオプション品は中古装備では評価されないため、もし必要な装備を見つけたら宝物をみつけたと同じになります。

トラック

購入前に確認すること

バス

使用目的を明確にする

街中で走っているバスを新品で購入すると1千万円はするものもあるほどでなかなか手を出せるものではありません。そこで考慮したいのが中古バスで、海外に出ると数10年前の日本の中古バスがそのままの外装で走っているのを見かけるように日本のバスは高い信頼性があり、世界でも認められています。中古バスであれば、新品価格の数分の1で購入することができ、購入した後もしっかり整備をしつづければ長期間乗ることができます。中古バスを購入する時に知っておくべきことをまとめておきます。中古バスを購入する目的をしっかり考えておいてください。新しいバスを購入する時は、自分や会社の目的に応じたオプション品をつけたり、座席の配置を変えて納入してもらえます。中古バスでもオプション品を装着することはできますが、それだけ余計な費用がかかることになります。乗員数はマイクロバスで充分なのに50人乗りの中古バスを買ってしまったのでは無駄が多すぎます。バスの活用方法をしっかりまとめておいてから中古バスを探すようにしてください。中古バスは実車をそのまま試乗できるところがメリットでもあります。広告などの情報だけで安いからと飛びついて買ったもののエンジンのオーバーホールが必要だったなんてことになると購入価格以上の価格の整備費を出さなければいけないかもしれません。信頼できる業者であれば、試乗を断ることはありませんので、試乗をしてバスの調子を自分の目で耳で確認してください。